ご訪問ありがとうございます。

音楽学専攻を経て、オペラ演出を中心に活動しております、

舘亜里沙の公式サイトになります。

公演記録や楽理科・音楽学を中心としたレッスンについて等、お気軽にご覧ください。

よろしくお願いいたします。 

News!

主宰団体にて、特別公演決定!

鼓動する聲――オペラ歌手が描く「生き様」の数々――

会場:ガルバホール(西新宿5丁目駅・都庁前駅徒歩5分/西新宿駅・中野坂上駅徒歩7分)

日程:2020年3月8日(日)15時開演/19時開演(各30分前開場)

入場料:3,500円 

予約/お問合せ:歌劇団Kamite(opera.kamite@gmail.com)

https://opera-kamite.jimdofree.com/

 

 これまでオペラ全曲公演に加え、歌手の歌声を活かしたオリジナルな演目にも積極的に取り組んできた歌劇団Kamite。今回は敢えて「オペラ」と称しない演目に取り組みます。

 前半の演目は実在の人物、後半の演目は架空の人物が題材ですが、共通するテーマは「生き様」です。舞台に現れる人物それぞれの魂を、彼/彼女達の聲から感じていただければ幸いです。[演出:舘亜里沙]

 

【演目および出演者】

 

◎『一人芝居ミュージカル短編集』より

 

「ひとくちアイスクリン[竹久夢二]」伊藤靖浩作曲/今井夢子脚本

(テノール:佐々木洋平/ピアノ:齋藤誠二)

大正ロマンの代表的人物にしばしば挙げられる竹久夢二。彼の絵画や図案の背後にいたのは、彼の人生に関わった「女達」でした。役者の口から発せられるのは、夢二本人の聲か、それとも…

 

「世界一美しい発明家[ヘディ・ラマー]」伊藤靖浩作曲/鈴木友隆脚本

(メゾソプラノ:里まり/ピアノ:齋藤誠二)

女優としての活躍、穏やかとは言えない私生活、戦争の陰と、波乱の生涯を送ったヘディ・ラマー。彼女はなぜ発明家としての顔も持ったのか…傍らでピアノを奏で続けるのは誰なのか…?

 

◎音楽劇《ゴローと呼ばれた男―「蝶々夫人」の軌跡―》舘亜里沙脚本

(ゴロー:高橋拓真 お蝶/お花:和田奈美 千早:持田温子 賢木:大寺亜矢子/Pf畠山正成)

 蝶々さん(お蝶)が非業の死を遂げてから10年後……ゴローはお蝶への良心の呵責を抱き続けながらも、「女性を売る」仕事から脱することは出来ないままであった。そんなある日、お蝶と瓜二つの娘お花が働かせてほしいとやって来る。彼女の出現はゴローにとって、過去の蘇生であるとともに、新しい苦悩の始まりでもあった。

 オペラ《蝶々夫人》の前日談・後日談を、陰で悲劇の引き金となったゴローに焦点を当て、オリジナルで書き下ろしました。物語に入り込むクラシックの名曲とともにお楽しみください。

《カヴァレリア・ルスティカーナ》/《道化師》公演終了!!

ありがとうございました!!

2019年11月22日(金)18時開演(17時半開場) 

武蔵野市民文化会館 小ホール

 

指揮:苫米地英一

演出:舘亜里沙

 

【カヴァレリア・ルスティカーナ】

 サントゥッツァ:藤野沙優 トゥリッドゥ:大澤一彰

 アルフィオ:伊藤和広  ルチア:栗田真帆

 ローラ:山田裕香  ピアノ:小滝翔平

 

 【道化師】

 カニオ:片寄純也 ネッダ:小田切一恵

 トニオ:武田直之 ペッペ:高橋拓真

 シルヴィオ:浜田耕一 ピアノ:齋藤誠二

 

歌劇団KamiteのHPにて、他出演者やスタッフもご紹介しています。

音楽学系の科目を中心に、生徒さんを募集しています♪

音大受験用小論文、音楽学系の論文・英語・国語・音楽史などのレッスンをさせていただいています。ご要望によってはソルフェージュやピアノのレッスンも対応しております。
これまで私の出身でもある東京藝術大学楽理科の受験生を中心に、様々な生徒さんと音楽の勉強を進めてまいりました。
今後とも、音楽を生涯の糧にすること、音楽を人に伝えてゆくことに、強く関心を持っている方のお勉強をサポートしたく思ってます。詳しくはレッスンページを参照ください。

特別公演、盛況のうちに終演!

オリジナルの台本で演劇的な内容を深め、観客との積極的なコミュニケーションを図った、ドニゼッティ《リータ》とガラコンサートが、盛況のうちに終演しました。
たくさんの応援をありがとうございました!

音楽朗読劇に挑戦しました!「百年咲いた花―オペラと歌謡曲の出逢い」

先日、クラシックの歌手達で歌謡曲を演唱する「百年咲いた花―オペラと歌謡曲の出逢い」の脚本と演出を手掛け、脚本執筆が活動に全面的に加わるようになってきました。
今後も新しいパフォーマンスの可能性を探ってゆきたいと思います。

【無事終演!】《コジ・ファン・トゥッテ》ご来場ありがとうございました♪

今年度第一回を迎える江古田音楽祭の一環として、モーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》を演出させていただきました。

日本語の台詞や字幕付きのユニークな演出で、人間にとって普遍のテーマとも言える、男女の恋模様を描きました。

モーツァルトの音楽の美しさと、その中で揺れ動く登場人物達の心を読み取っていただけていれば幸いです。

 

《蝶々夫人》へのクラウドファンディングご協力ありがとうございました

おかげさまで、クラウドファンディングでの協力を募りました《蝶々夫人》が無事終演いたしました。応援していただいた皆様へ、心より御礼申し上げます。
クラウドファンディングサイトでの報告記事はこちらになります。

https://motion-gallery.net/projects/operakamite/updates/11956

舞台写真はGalleryページをご覧ください!